北村有起哉の父親役はリッチー!北村和夫?画像は?みかって?

      2017/04/01

スポンサードリンク

ドラマや映画で活躍されている俳優の北村有起哉さん。

色んな役を幅広くこなされるイメージで、「冷たく見えるけれど実は優しい人」を演じさせたらピカイチですよね♪

そして漂う大人の色気・・・私も何度キュンキュンさせられたことか(笑)

北村さん、以前には女優の水野美紀さんと交際写真をスクープされたこともあったようですが、現在は女優の高野志穂さんと結婚されて1児の父となられているようです!

そんな北村さんは実は2世俳優ということをご存知でしょうか?

今回は北村さんの父親についてじっくり調べてみましたよ☆

それでは早速見ていきましょう!

父親北村和夫画像

北村有起哉さんはなんと2世俳優なんです!

北村さんの父親北村和夫さんという方です。

残念ながら2007年5月に80歳で他界されています。

画像はこちら。

北村和夫プロフィール

お父さんである北村和夫さんの簡単なプロフィールをご紹介していきますね。

1927年3月11日生まれで、東京都小石川出身です。
早稲田大学文学部芸術学科在学中に文学座研究所に入所しています。

1965年「花咲くチェリー」で初出演しています。
チェリー役はその後ライフワークとなり、公演は400回も行われています。

主な作品はテレビドラマでは天と地と、俺たちの旅、おしん、ちゅらさん。
にっぽん昆虫記や黒い雨などの映画では今村昌平監督の作品には常連として出演しています。

遺作となった映画は「Beauty美しいもの」は日本の郷土映画を描いています。

数々のテレビドラマ、映画などに出演して名脇役と言われた俳優ですね。

俳優として功績を讃えられて紫綬褒章(1989年)、勲四等旭日小綬章(1997年)を受賞しています。

また、俳優だけでなく声優としても活動していました。
有名な作品ではNHK人形劇の「ひょっこりひょうたん島」のアルカジル王を演じています。

洋画の吹き替えでもショーンコネリーや、モーガン・フリーマンなどの名優の声を担当しています。

私は残念ながら北村和夫さんを知らなかったのですが、名誉ある賞も獲得されているので、一世代前の方々には有名な俳優さんなんでしょうね!

声優もされていたとのこと、北村有起哉さんも低くて渋いとても声のいい俳優さんですから、お父さんの北村和夫さんの遺伝なんでしょうね!

スポンサードリンク

息子に俳優になってほしくなかった?!

2世として認知されている北村有起哉さんですが、実はお父さんは有起哉さんに2世俳優にはなってほしくなかったようです。

「有起哉」という名前は本名です。父・和夫さんが「芸能界とは無縁の名前で考えてくれ」と寺の住職に命名を依頼して名付けられました。

戦後間もなく役者として活動しはじめた父親は、苦労も多かったため、子どもにはそんな思いをさせたくなかったんでしょう。

芸能界とは無縁の名前を頼んだのに、結局芸能界に入ってしまった・・・。

父親譲りの演劇体質を名前くらいでは変えることはできなかったのかもしれませんね。

息子が役者を目指したいと言ったときは「ああそうか」とだけ返事をした父。でもその後、演劇の専門学校のことや、文学座に入ることも勧めてくれました。

親としてはとても複雑な気持ちだったんでしょうね。

しかし有起哉さんは、親の七光りを受けることを拒み、文学座をはじめ父と関わりのある劇団から遠ざかるようにして、役者の道を歩みはじめました。

文学座ならお父さんのコネで楽にデビューできたでしょうに、それを拒んだという有起哉さん。

俳優養成所や日本映画学校などで演技を学び、自分で道を切り開いたんだそうです!

どうやらただの2世俳優では無かったようですね☆

北村総一郎との関係は?

北村有起哉さんを調べていると、北村総一郎さんの名前が出てくるのですが、親戚か何かなんでしょうか?

ちなみに北村有起哉さんの父親が、北村総一郎(きたむら そういちろう)さんであるという誤解もあるようですが、まったく関係ありません。

北村総一郎さんも周囲から「最近、息子さん頑張っているね」と声をかけられるんだとか。

確かに北村総一郎さんって、少し北村和夫さんに似ていますよね!

でも有起哉さんと総一朗さんは全くの他人ですよ~!

父母は再婚!

北村和夫さんは最初に結婚された方とは離婚されていて、2度目の結婚で有起哉さんを授かったそうです。

北村有起哉の母親は希玖子という名前です。

北村和夫には先妻がいて、1956年に結婚して子供をもうけるも2年後に離婚しています。

北村有起哉には異母兄弟がいるのですが、
詳しい情報はわかりませんでした。

有起哉さんには姉がいるのですが、それ以外にも異母兄弟がいるそうです!

父の思い出

有起哉さんにとって父親の北村和夫さんとはどんな存在だったんでしょうか。

2007年5月、和夫さんが亡くなった葬儀の際に有起哉さんが挨拶をされたのですが、その弔文の中でこのようなことを話されていました。

父親としての顔を思い出すと…、実はあまり記憶にありません。オヤジは放任主義で、私達子供三人の学力や進路に口を挟むこともありませんでした。僕が役者を志した時も、賛成も反対もせず一言、“おぅ、そうか…”と。

父の無言の背中から感じたのは、“とことん楽しく自由に生きろ、ただしそのぶん頑張れ”ということです。親父の芝居を通して教えてもらった宝物だと思ってます。
それでもたまにボソッと、“普段の時ほど大切にしろよ”と言ってました。稽古中でも、芝居の最中でもなく、それ以外のなんでもない普通の時こそだぞ、と。この漠然としたアドバイスは、これからも常に心に引っかかっていくと思います。

父親の思い出…。日曜日のキャッチボールとか連休の家族旅行とか、ほとんどありませんでした。が、いま北村和夫を失い、少しずつ父親像が浮かび上がってきてる気がしてます。やはり“普段は一人の父親だったんだ。”と。そんな心地で胸が熱くなります。

父との思い出と問われても形に残っているようなものはないけれど、父のさりげない教えが心に残っているんですね。

いなくなって初めてわかる有難さを今有起哉さんは痛感されているかもしれませんね!

日暮旅人でリッチー役がこわい

さて、先日まで放送されていた松坂桃李さん主演のテレビドラマ『日暮旅人』に、北村有起哉さんは出演されていました!

リッチー」という役でこわいと話題になったようです!

ご本人のブログにてこんな記述がありました。

日暮旅人 最終回 2017/3/19 14:15

いよいよ最終回まで生き延びてしまいました
今夜、
日本テレビ系列でヨル10:30より
『視覚探偵 日暮旅人』
リッチーというイカレポンチ役で出演してます。
主人公とサシで対決するようですね。
物語もあるので多くは語れませんが…、

ハッピーかバッドか、どんなエンディングになるのか、それは観てのお楽しみということで。

イカレポンチ役なんですね~(笑)

北村さんはどんな役でもこなされる方なので、怪演されていたのではないでしょうか!?

みかって誰?

北村有起哉さんの関連ワードに出てくる「みか」。

おそらく女性の名前ですよね。

調べてみたのですが、どうもそれらしい人物の情報が無く・・・。

唯一ヒットしたのは、2006年に公開された北村さん主演の映画『2番目の彼女』の監督の大森美香さん。

【キャスト&スタッフ】
北村有起哉/前田綾花/岡元夕紀子/MCUほか
脚本・監督/大森美香

しかしこちらは単純にキャストと監督という間柄だっただけで、それ以上でも以下でもないようです。

どこから「みか」というワードが出現したのか・・・。

もしかしたら、有起哉さんの異母兄弟が「みか」?などと考えてもみましたが。

どなたか関連を知っている方がいらしたら教えてください(笑)

ということで、今回は北村有起哉さんのお父さんにスポットを当てて調べてみました☆

これからも北村有起哉さんのご活躍を期待しています♪

スポンサードリンク

 - 父親