菅田将暉の父親の画像!吉田拓郎?職業は俳優?会社は高知?年齢や出身高校?

   

スポンサードリンク

ドラマに映画にと大活躍!いつ休んでるの?と思うほど最近よく見かける俳優の菅田将暉さん。

auのCMの鬼ちゃん役もとても似合っていますよね♪

最近は歌も上手いと話題になり、「見たこともない景色」という曲でとうとうCDデビューされたとか!

洋服も自分でデザインして作られるとかで、どこまでも才能あふれる方なんですね~。

そんな菅田さんの父親は、実は有名人なんだそうですよ。ご存知でしたか?

今回は菅田さんのお父さんにスポットを当てて調べてみたいと思います☆

父親は誰?

菅田さんの父親は関西では有名な人のようなんです!

菅田の父親は菅生新(すごうあらた)といって関西ではテレビやラジオのパーソナリティとして知られています。

菅生新さんという方なんですね!

テレビやラジオのパーソナリティになるには、それなりの知識が要求されますから頭のいい方なんでしょうか?

菅生新とは?画像

菅田さんのお父さんである菅生新さんの経歴はこちら。

1959年8月8日、高知県生まれ。
同志社大学法学部卒業。藤沢薬品工業株式会社を経て、SMIの代理店として独立。
1991年と1992年SMI世界大会で、2年連続「セールズ世界大賞」を受賞。
現在、講演、執筆、幹部教育などに活躍。
主にベンチャー企業のビジネスコンサルタントとして、起業からIPO(株式公開)までの指導・顧問をする。

画像はこちら。

なるほど、確かにやり手っぽい!

同志社大学という関西では一流と言われている大学を卒業されたあと、薬品会社でセールスマンをされていたんですね。

その後経営コンサルタントとして独立されたそうです。

SMIというのは、「サクセス・モチベーション・インスティチュート」の略で、現在世界3千社の代理店を持つ教育機関なんだそうですよ!

そんな中でトップの成績を収めたなんてよほどやり手のコンサルタントであることがうかがえます。

職業は経営コンサルタント

ベンチャー企業の起業から株式公開までサポートしたり、全国各地で講演会を行うなどその道では有名な方だそうです。

藤沢薬品工業株式会社では営業社員1200人の中で成績トップになるなど、やり手のサラリーマンだったようです。

そのときの経験を通じて、自己啓発・教育プログラムを販売する代理店として独立。その後、経営コンサルタントとして会社を設立しました。

1200人いる中でトップ!すごいですね!

さすがにそんなに営業成績が良ければ、ただのサラリーマンの器ではないですよね!

現在は、上場企業を含む各社顧問や講演もしている他に、本まで執筆されているから、活躍の幅はとどまることを知りませんね。

菅田さんのお父さんにとって経営コンサルタントという職業は天職なのかもしれませんね!

会社は高知?会社名は?

現在の菅生さんの肩書きは

株式会社エグゼクティブ大阪 代表取締役

となっていました。

高知ではなく大阪で会社を経営されているようです。

菅田さんいわく、

「勉強を頑張って父の弟は医者になって、父はコンサルタントをしていて、今もしゃべっても追いつかないくらい回転が速い」

だそうですよ!

やはり頭の回転が速くて口のたつ人は無敵ですよね~!

そしてお父さんの弟も医者・・・すごい☆

年齢と出身高校は?

菅田さんのお父さんは1959年生まれとのことですので、現在57歳ですね。

まだまだ現役バリバリ、頑張っていただきたいですね☆

また、出身大学は同志社大学とのことでしたが、出身高校に関しては公表されていないようでした。

出身地が高知県なので、高校までは高知で大学から近畿へ出て来られたのかもしれませんね!

ちなみに菅田さんの出身高校は、大阪府立池田高校だそうです、

通っていた大阪府立池田高校は偏差値64の進学校。

数学が大好きで、将来は数学の先生になりたいと、早稲田大学を目指していたそうです。頭いいですね。

学生時代の菅田さん。可愛い☆

他校の生徒も知っているほどモテモテだったそうですよ!

エフエンドエムアムウェイと?

菅田さんのお父さんに関するワードとして「エフアンドエム」や「アムウェイ」という会社名が出てきます。

何か関係があるんでしょうか??

実際のところ、菅生さんはエフアンドエム、アムウェイ等と関係が無いそうです。

どちらもマルチ商法として有名な会社のようですので、そういった会社と無関係と聞いて安心しました~。

俳優もしていた!

さて、菅田さんのお父さん、実は昔俳優もされていたんだそうです!!

菅田将暉さんのお父さんである菅生新さんは、元役者だったんですよ!

あの人気時代劇「水戸黄門」や大河ドラマ「大奥」などにも出演経験のある俳優でした。

当時の写真。かっこいいですね!

大学生活は、縁あってプロの時代劇役者として過ごした。学費・生活費を自力で稼ぎ、確固たる自立心をこの時期に培った

大学時代に俳優をされていたようですね~。

お父さんの性格が元々とても「出たがり」で、そこから俳優やテレビのパーソナリティなどの仕事へつながっているようですね!

出たがり新潮で・・・

最近、新潮で菅田さんのお父さんについてのこんな記事が掲載され話題になったようです。

菅生さんはもともとは製薬会社の営業マンだったのですが、30歳を過ぎて経営コンサルタントに転身、前後して関西のローカル局で『菅生新のサクセスファイター』などの番組を持っていました。

息子が有名になってくると、マスコミへの露出は控えるようになったが、それでも自己啓発セミナーの講演などで全国を飛び回る毎日。そこで、東京でのセミナーを終えて壇上から降りてきた菅生氏を直撃すると、

「いやあ、“お父さん出たらアカンよ!”て事務所から言われてるからねぇ」

そう言いながらマシンガンのように喋る喋る。

「僕は自分の冠番組を持っているので、息子がデビューしたらすぐバレるでしょ。だから『仮面ライダーW』が決まった時、菅田将暉に名前が変わったんだよね。出来れば本名で出てほしかったなあ」

菅田さんが芸名なのは、お父さんが有名人で親子とバレないようにだったんですね!

ちなみに菅田さんの本名は、菅生 大将(すごう たいしょう)さんというそうですよ。

大将ってすごい名前ですね!「あんたが大将」!

吉田拓郎に?!

そして出たがりお父さんのおしゃべりはまだまだ続きます(笑)

「たとえばね、息子が中学校の夏休みなんかの時に、セミナーの受付をさせていたんです。小さい頃から会社の社長と話をして人間観察しろよ、とね。世の中を動かしている人を観察しなさいという教育です。有名なところでは、HISの澤田秀雄社長なんかにも会わせている。直接の俳優修業ではありませんが、自分という人間を“経営”しろ、そして自分という株を上げろとは言うてました」(同)

父の影響もあってか、菅田は〈天は自ら助くる者を助く〉で知られるサミュエル・スマイルズの『自助論』をカバンにしのばせていたことも。そんな菅生氏の願いはというと、

「私は歌が大好きでね。息子には、“吉田拓郎に会わせてくれたら、お父さん死んでもいい”って言うてるんです」

お父さん、なかなか男前な育児をされていたんですね!

菅田さんにとってかなり役に立つ経験だったんではないでしょうか!

それを存分に吸収されたからこそ今の菅田さんの活躍があるのではないかと思わせるエピソードですよね~。

それにしても、お父さん吉田拓郎さんの大ファンなんですね~。

実はつい最近息子の菅田さんは吉田拓郎さんと一緒にラジオのパーソナリティ発表記者会見に出席されたんだそうですよ!

これを機に仲良くなって、ぜひお父さんと吉田さんを会わせてあげてほしいですね☆

スポンサードリンク

 - 父親